いろいろな遺言

 遺言は特殊なものを除けば、3種類です。それぞれに長所・短所がありますので、簡単にご説明いたします。

自筆証書遺言(じひつしょうしょゆいごん)

 文字通り、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに押印しなければならない遺言です。手軽に書けますし、費用もかかりません。手書きの文面ですから、活字で書かれたものよりも思いが伝わりやすいかもしれませんね。
 ですがこの遺言は、法で厳格な要式が定めてありますから、注意は必要です。形式や文言に不備があるとせっかく書いた遺言が、死後なって無効と判断されてしまうこともあります。したがって一度は専門家に見てもらったほうが無難でしょう。
 この遺言は保管が難しく、死後確実に発見されるような方法を考えなくてはなりません。また偽造や変造・隠匿、破棄といった危険もあります。、
 相続の開始後に家庭裁判所で「検認(けんにん)」の手続きが必要になりますので、遺言の内容を実現するまでに一定の手間と時間を要します。

公正証書遺言(こうせいしょうしょゆいごん)

 通常はこの遺言をお勧めしています。

 「公証人」と呼ばれる公的な専門家が作成してくれますので、形式的な不備が原因で遺言が無効とされる危険は回避できます。また遺言の効力をめぐって将来紛争が生じることも少なくなるでしょう(皆無とは言えませんが)。原本が公証役場に保管されるため偽造や破棄といった危険にさらされることもなく、その謄本請求も可能です。ご本人の死後に相続人が遺言の有無を公証役場に照会することもできますので、もっとも確実な遺言と言えるでしょう。他の遺言のような「検認」手続きも不要ですから、迅速性にも優れています。
 信頼性が高い分、それなりの費用はかかります。また手続きを煩雑に感じるかもしれません。作成の際は証人2人を必要としますから、内容を完全に秘密にすることはできず、少なくとも、公証人や証人には知られてしまうことになります。

秘密証書遺言(ひみつしょうしょゆいごん)

 理由はわからないのですが、ほとんど利用されない遺言のようです。実は私自身も目にしたことは今のところありません。、
 上2つの遺言を足して2で割ったような特徴を持っており、公証人は関与するものの、自分で封印してから提出するため、内容を知られることはありません。公証役場で保管されるのは封紙の控えだけですから、役場で証明できるのは遺言の存在のみで、内容についてはノータッチです。もちろん遺言自体の謄本請求もできませんし、内容に不備があっても公証人は指摘できません。自筆証書遺言と同じく、要式が厳格ですが、自書でなくとも構いません。やはり「検認」は必要で、保管方法にも工夫を要します。費用もかかりますが公正証書遺言と比べれば大分安いです。