相談者のみなさまへ

当事務所では、サラ金などからの借入が原因で、借金の返済が困難になってしまった方の経済的な再生をお手伝いをしています。借金についてご不安をお持ちの方は、遠慮なくご相談いただければ良いと思います。お電話でもメールでも結構ですので、まずはご連絡ください。

ここでは債務整理に関して、当事務所でのご相談をお考えの方に、知っておいていただきたいことやご理解いただきたい点を思うままに書いてみました。
とりとめのない文章になりそうですが、ご相談の前にお読みいただければ幸いです。

相談はお気軽に、ご依頼は慎重に。

 

ご相談時に必要なもの 

身分証明書/ご印鑑(ご依頼いただく場合)/借金の内容が分かるもの(債権者からの通知書や契約書領収書など)/裁判所からの送付文書(無ければ結構です)

 

相談のみでも結構です。

ご相談の際、不明点があれば遠慮せずなんでも聞いてください。相談後、実際に依頼するかどうかは、相談者様ご自身が決めることになります。ご依頼いただくと、解決まである程度長いおつきあいとなりますから、当職との相性なども考慮いただきながら、しっかりお考えください。

 

費用について

ご相談のみの場合でも、初回のご相談料は原則無料としています(法テラスの法律相談援助を利用する場合がございます。)。相談後、実際にご依頼いただいた場合は報酬をいただくことになりますが、ご事情をお伺いした上で、ご依頼者様に無理のないお支払方法を検討いたします。法テラスの民事法律扶助という制度もございますので、ご相談時にご案内します。費用の目安は「債務整理Q&A」を参考にしてみてください。

 

借金した当時のことを全力で思い出してください。

少なくとも、どこに借金してるか分からなければ、手続きに着手できません。あなたにしか分からない事柄は、あなた自身が思い出すほか方法はありません。あきらめることなく、ご協力をお願いします。

 

嘘や隠しごとは、絶対にしないでください。

債務整理の目的は、生活再建です。そのためには事実を正確に把握して事案の全体を確認することが大事になります。嘘の事実や隠しごとがあると、適正な手続きの選択ができず、真の解決とはなりません。

 

依頼すればあとはお任せということにはなりません。

手続きを進める際には、あなたの意見を必要としますし、面倒なことをお願いする場合もあります。司法書士はあなたの代理人となったり、書類の作成を通じて支援することになるでしょうが、それはあなたの問題解決のためのお手伝いをしてるにすぎません。最後までご協力ください。

 

互いの信頼関係がなにより大事です。

良い関係が築けそうもないとお感じになられたときは依頼してはいけません。当職も信頼できないと感じたら、辞退します。依頼する人もされる人もそれなりの覚悟を必要とする手続きですから、ご依頼にあたっては、その辺を十分考慮してみてください。