遺産のゆくえ

 遺産は原則として、遺言があればそれに従い、なければ相続人が取得することになります。遺言もなく相続人もいないということになれば、いろんな手続を経た上で、最後の最後は国に帰属するということになってます ・・・ が、それは稀なケースでしょう。
 では相続人や遺産の配分はどのように決まるのでしょうか。法律ではいろんな場合を想定して細かく規定してますが、詳しくご説明し始めますとキリがありませんので、ここでは大まかなご紹介に止めさせていただきます。                                                                                     

相続人はだれ?(現行法の場合)

 相続開始時が基準です。相続人は、「配偶者」と「それ以外」の2系統で考えますが、具体的には以下の順序で検討してゆきます。

    代襲相続が発生しないものとして説明しています。代襲相続については 「相続Q&A」 で説明します。

 

 

STEP1

配偶者がいるとき

 配偶者がいれば必ず相続人となります

STEP2

子がいるとき

 子も相続人となります

STEP3

子がいないとき

 上の世代(尊属)が相続人となります

STEP4

子も尊属もいないとき

 兄弟姉妹が相続人となります

 

 

 

 配偶者は他の相続人と同順位の関係にあります。少しわかりにくいですが、以上を表にするとこのどれかに当てはまることになります。 

 

相続人

配偶者のみ
配偶者と子
配偶者と尊属
配偶者と兄弟姉妹
子のみ
尊属のみ
兄弟姉妹のみ

 

かわいい以上簡単にご説明しましたが、相続人の確定作業は、実際はもっと奥深いものです。

 旧民法時代の相続 ・ 数次相続 ・ 代襲相続 ・ 養子縁組 ・ 相続放棄 ・ 相続欠格や廃除 ・ 認知等々、様々な事項の有無を確認する必要があります。

相続分はどう決まる?

 相続分とは、相続人が遺産を相続する際の、遺産全体に対する割合のことです。簡単に申しますと、誰がどれだけ相続するか、という問題です。相続人が一人だけなら別ですが、普通は重大な関心事でしょう。既に相続人についてはご説明いたしましたので、次は相続分の決まりについて考えてみます。これまた法律では事細かな規定がありますが、説明し出すとかなり長くなってしまいますから、あくまで一般的な事項に止めます。その点ご了承ください。

 

   基本的には、 遺言  話し合い  法律の定め の順で決まります。

 

 

 遺言があるとき

遺言が最優先です。相続人の相続割合(相続分)については遺言で指定することが可能です。また割合という形で指定されなくとも、具体的にどの遺産を誰が相続するのか、遺言に書いてあるのが普通です。したがって、まず遺言の有無を確認する必要があります。そして遺言があれば原則としてその内容にしたがって配分されることになります。 

 遺言がないとき

相続人全員で話し合って決めることになります(遺産分割協議といいます)。 どのように分けようが自由ですが、全員の合意が条件となります。ご事情にあわせて決めるのが一番ですが、基準が欲しいとお思いの方は、Point 3 の法律の定め(法定相続分)を参考にする方法もあります。ですがあくまでも遺産分割協議が法定相続分に優先することになりますので、その点は誤解のないようにしてください。

協議のポイントは、将来不都合のないような分け方を考えることでしょうか。たとえば相続人が3人いて、一筆の土地を相続する場合などは、安易に3人の共有としてしまったりすると後々困ることがでてくるかも知れません。将来土地を売りたいと考えても、他の2人が同じ考えでなければ売ることはできませんし、自分の持分だけでは買い手は現れないでしょう。そういったことです。

遺言も話し合いもないとき

ここではじめて法律が登場します。相続に関しては、亡くなった方の遺志がまず尊重され、次に相続人、最後に法律という順番になっております。法律で定められた相続分なので「法定相続分」と呼んでます。

 

     相続人

          法定相続分      

  配偶者のみ

           1/1 

  配偶者と子

    配偶者1/2   子全体で1/2 

  配偶者と尊属

    配偶者2/3   尊属全体で1/3 

 配偶者と兄弟姉妹

    配偶者3/4   兄弟姉妹全体で1/4 

  子供のみ 

           1/1(複数のときは均等)

  尊属のみ

           1/1(複数のときは均等)

  兄弟姉妹のみ

           1/1(複数のときは均等)